2018年02月22日

ミナト、インフル感染

ミナトがインフルAに腎臓を移植してから初めて感染。

27973922_1096689237140039_3430194448260498257_n.jpg

体調が悪くてぐったりしててもタブレットでYoutub観戦。



こういう時、自分が子どものころは

普段学校に行って見れない教育テレビをここぞとばかりに見まくって

「探検ぼくの町」とか「のんたっく」の歌を覚えたように思う。

今の子って、あんまテレビみないんだなーって思い

時代の変化をこういう場面で改めて実感する。


今日から1週間、長男にとってタブレットが友達の代わりかな。



今日、長男がインフルエンザに感染して感じたんだけど

インフルエンザの感染を個人で確認する簡易キットみたないのって

現代医学をもってしてもできないものなのかな?


感染の疑いがある中で病院に行って診察してもらうのって

待合室とかからの感染拡大や診察に関わる医療従事者への感染といったリスクしかないと思うんだけど。

特に医療従事者の中で感染が拡大することで治療が遅れてさらに拡大することにもなるのかと。

簡易キットがあれば、とりあえず自宅でチェックして

陽性なら感染者以外の人に薬だけもらいにいってもらえば

大勢の人との接触は避けられるから感染拡大を少しは予防できるんじゃないの?


それと

昔みたいにインフルエンザの予防接種を義務化したほうが

集団免疫になって今みたいに大流行を抑えられたりするのかもしれないし

トータル的なリスクの軽減にもなるかと…


病気になった時の薬とか診察にかかるコストより安いんじゃないかな。


医療業界の利益を考えると、感染は拡大したほうがいいのかもしれないけどね…









にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
posted by べーやん at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

テレビでプラレール特集!

今日と明日に地元の山陰ではプラレール特集のテレビが2番組見られます。

1つは深夜に放送されている「タモリ倶楽部」。

関東のプラレール友達が山手線をプラレールで完全再現され

全画面キャプチャ 20180116 165211.bmp.jpg

「タモリ電車クラブ山手線1周ツアー」という内容で前後編で特集が組まれました。


この撮影日、東京にいてたんですが
別のイベントでの上京だったので参加できず…


めっちゃ残念な想いをしたのですが

な、なんと、自分の代わりに自分が作成したオリジナル列車の

全画面キャプチャ 20180116 164927.bmp.jpg

さくら列車が番組内で登場してるじゃないですか!


プラレール友達の寅さんが、山手線の巣鴨と大塚の間の桜の名所をイメージさせるために
使ったみたいで
鳥取のプラレール仲間が作ったと言ってくれたお陰で
全画面キャプチャ 20180116 165000.bmp.jpg

その言葉がテロップになってました!

これは嬉しすぎる…

改造技術が無いので、こういった変化球的な感じでやってきたことがやっと報われた感じです。


この放送、山陰では先週の月曜日に前編が放送されたんですが

後編が今日の深夜1時35分から日本海テレビで放送されます。


そして明日の23日には「マツコの知らない世界」も

全画面キャプチャ 20180122 112028.bmp.jpg

プラレールを使った特集になっています。


この番組の予告で

全画面キャプチャ 20180122 115041.bmp.jpg
去年の夏に京都のカフェ「トライム」さんに設置したレイアウトで撮影した動画が使われまして
本編でも使われるそうです。



自分は全く出演してないけど、自分が作った車両や撮影した動画が全国放送のテレビにでるなんて
ほんと夢のような話しです。

今日は夜更かし決定だな…










posted by べーやん at 13:51| Comment(0) | プラレール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

イオンモール京都桂川プラレール

京都の向日市社会福祉協議会さんが
DSC_1263.JPG
パパと子どもが楽しむことを目的で『イクメンLIFE』というイベントを企画されました。

そのイベントは
大型プラレールの展示と、親子でレイアウトを組み立てるという内容で
べーやんのプラレールの師匠である一畳プラレールのぺたぞうさんがプラレールアーティストとして呼ばれ
人手が欲しいと言う事で、鳥取から京都のイオンモール京都桂川まで馳せ参じました。

今回のミッションは
あらかめじ選ばれている5組のプラレール好きな親子とぺたぞうさんが
始点と終点のあるレイアウトを作成するというのと
べーやんが京都でいつもお世話になっているプラッパーズさんと二人で1.5畳の立体レイアウトを組み立てるという内容でした。

選抜された5組の親子さんはみんな手際もよく、プラレールの扱いを知ってる方ばかりだったので
意外とすんなりカッコいいレイアウトが作られました。

べーやん、プラッパーズさんコンビの立体レイアウトは
久しぶりの組み立てという事もあってか、若干手間取ってしまいましたが
なんとか時間内に組み立てを終え、イベント開始にまでに無事に完成させる事ができました。


今回のレイアウトの全景
DSC_1251.JPG




DSC_1276.JPG
1.5畳のエビナスタイルレイアウトと、

それを囲むように12路線の
DSC_1273.JPG
始点と
DSC_1277.JPG
終点のあるレイアウト。


DSC_1261.JPG

複線につぐ複線、カッコ良過ぎでしょ。


DSC_1262.JPG

DSC_1264.JPG

たくさんの路線を一気にまたぐここも今回のレイアウトのカッコいいポイントの1つ。


DSC_1269.JPG

DSC_1271.JPG

ここは、複線が複雑に交差し合っていて、今回のレイアウトで一番カッコいいポイントでした。


DSC_1272.JPG




このレイアウトの中のいくつかの路線で前面展望動画を撮影しました。

















どの路線の風景も、都会の路線を走ってるかのような迫力で複線のカッコよさが際立ちます。


立体プラレールばかり作ってきているので、こういった平面レイアウトが凄く勉強になり
1月か2月に開催しようと思っているぐりぷら単独のイベントでは
今回のようなレイアウトも取り入れようと思います。


このイベントで約1ヶ月ぶりくらいにプラレールを使ったけど
やっぱ楽しいですね。

この楽しさを鳥取の人に知ってもらいたいので来年度からガンガン動いて行こうと決めました。



カニの浜海道









にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



posted by べーやん at 22:06| Comment(0) | プラレール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする